大先生のペントロンハンズオンセミナーin名古屋

に行ってきました。

名古屋めしも食べきました。

美味しかったです。

風来坊

 

講師は豊橋のEE先生
内容は

午前:『現在のトレンドを踏まえた歯内療法』

午後:『抜髄ハンズオン』

歯の根っこ治療の研修会です。

ウチの歯内療法、現在のトレンドから外れてないというか、コンセプトが大きく逸れてるわけではなかったので安心しました。参考(マイナーチェンジ)になるところもおおいにあり受講してよかったです。それにしても、EE先生エンドの知識がとっても豊富です!

根充はやっぱりジャストが理想なのね、オーバーよりちょっこしショートのほうがいいみたい。根管長(作業長)測定は一手間加えようっと。


今回のセミナーで楽しみにしていたのが、ボルテックスブルーという新しいNi-Tiファイルの実習。

これは特に穿通用のファイルというわけではありませんが、手用の穿通ファイルとボルテックスブルーの.06テーパー #15を穿通に併用することにより、穿通がかなり楽になるという実感を受けました。

根っこの治療では、根っこの先まで細いファイル(根の治療用の針みたいなもの)を通す穿通という行為が結構難しく、技術がいる作業だったのですが、ボルテックスブルーを併用することにより抜髄がとってもはやく終わるという感触です。

実習では上顎6番の4根管を試してみたのですが、本気早かったです。

さっそく注文かけてますので、来たら抜去歯で練習して臨床に使ってみます。^^

結構衝撃的だったです…デンツプライさんも日本でコレ売ればいいのに。

最後に

 

EE先生のためになるお言葉

帰ってEndoの器具断捨離しています。

 


大先生 アドバンスコース(感染根管)も期待しています。^^

 



Share on Facebook

oka の紹介

宮崎で顕微鏡歯科(マイクロスコープ)に取り組んでいます。 サーフィンと読書が好きです。
カテゴリー: 日記   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>